知っておきたい残暑見舞いのマナー。いつ送る?内容は?喪中の相手には?などなど

年賀状を出す人も、残暑見舞いを出す人は近年少なくなってきているのではないでしょうか。

でも、なかなか会えない友達や、親戚,お世話になった恩師などに送ってみるのはどうでしょう。

メールにはない、手書きならではの心のこもったメッセージを送る事が出来ると思います。

ところで、残暑見舞いのマナーって知ってますか?

出すタイミング,書き方などなど。

マナーの事教えます。

送る時期は?

暑中見舞いの後になる、立秋にあたる8月7日頃から8月末までに送ると良いとされています。

暑中見舞いを出し忘れてしまった場合や、暑中見舞いをもらったのに返事し忘れた人なんかは、このタイミングで出すといいですよ。

内容は?

残暑って言葉につい騙されますが、8月ってまだまだ暑い盛りですよね。

住んでいる地域によっては、10月近くまで暑さが続く事もあったりします。

そんな暑い時期なので、手紙を出す相手の健康を気遣う内容は必須です。

文章の構成としては、次のような感じになります。

①季節のあいさつ

残暑を見舞うあいさつにあたるので、「残暑見舞い申し上げます」や「残暑お伺い申し上げます」なんて言葉が入ります。

手書きの時は、本文よりも大きめの文字で書くと手紙全体がきれいにまとまりますよ。

②時候のあいさつと相手の健康を気遣う内容

時候のあいさつって聞くと、堅苦しいイメージありませんか?

でも、そんなに構えないで下さいね。

自分がその時に感じた事を書けばいいと思います。

例えば、毎日暑さが続いているなら、「厳しい暑さが続いておりますが」とか、「耐え難い暑さが続いておりますが」など。

また、8月の末に送るなら、少しずつ秋の気配を感じ始めますよね。

「朝夕少しづつ秋の気配を感じられるようになりました」っていう文言から始めると、もうすぐ9月だと感じさせられると思います。

そして、そんなあいさつに続いて、相手の健康を気遣う文言を入れましょう。

「お元気でお過ごしでしょうか」は便利な言葉なので、使いやすいです。

③自分の近況

元気で過ごしている自分を伝えましょう。

「夏バテもせず、毎日元気に過ごしております」や「元気につつがなく過ごしております」なんて、言葉はどうでしょう。

また、日頃の感謝や帰省予定がある場合など、何か伝えたい事がある場合は、ここで書くといいと思います。

④結びのあいさつ

結びのあいさつは、思いやりのある言葉で終わるのが一般的。

「夏の疲れが出やすい頃ですので、お体にお気をつけください」や「暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続きますので、お体をお大事に」なんていう、体を労わる言葉で締めましょう。

喪中の相手には出していいの?

年賀状の場合は出さないのが普通ですよね。

じゃ、残暑見舞いもそうなの?って気になりますよね。

年賀状は、新年を祝う意味合いがあるので、喪中の人に送るのはマナー違反になってしまうのですが、残暑見舞いはあくまで季節のごあいさつ。

なので、出しても大丈夫です。

相手が喪中って事を考えて、お悔やみの言葉を添えたりするといいですよ。

ただし、49日までは何かと慌ただしいもの。

出す時期が49日前にあたるのなら、出さない方が相手への気遣いになると思います。

逆に、自分が喪中の場合でも出してオッケーです。

残暑見舞いをもらったけど、残暑見舞いを出す期間に出せなかった場合はどうするの?

普段ハガキでのやり取りをしないと、つい返事を出しそびれてしまう事ってありますよね。

残暑見舞いは、8月末までに出すのがマナー。

その期間を過ぎてから出したい時はどうしたらいいんでしょうか。

もし、9月に入ってすぐ気付いた場合は、9月7日頃までならギリギリ残暑見舞いとして出してもいいかもしれないです。

白露の前日(それが、9月7日頃にあたるんです)までは、残暑見舞いを出してもいいという説があるんです。

だけど、やはり9月に入ってからの残暑見舞いは季節外れの感じを相手に与えかねません。

マナーに厳しい人には控えた方が無難です。

それに、9月も中旬を過ぎてしまえば残暑見舞いは出せません。

その場合は、普通のハガキとして出すしかありません。

残暑見舞いの時は、頭後と結語は使わないのですが、普通の手紙なら書きだしは頭後から。

一般的には「拝啓」から始まって「敬具」で締めます。

でも、目上の人には「謹啓」「敬白」を使うといいですよ。

その後は、時候のあいさつ→ハガキをもらったお礼→相手の近況に対する反応といった流れで書くといいですよ。

まとめ

普段ハガキを出す習慣がないと、残暑見舞いは敷居が高く感じてしまう事も。

でも、SNSやメールでしかやり取りしない相手から、突然ハガキが届くと、案外嬉しいものですよ。

季節のごあいさつなので、あまり堅苦しく考えずに、今年の夏は出してみてはいかがでしょう。

今年は特に7月からうだる様な暑さが始まっているので、届いたハガキを読んだその一瞬、暑さを忘れる位喜ばれるかも!

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする