「中秋」と「仲秋」どっちが正しい?知って得する「お月見」大人の雑学

子供の頃、「今日はお月見だから、ススキとお団子飾ろうね」なんて言われて、何故月をお参りするのか分からないまま、飾り付けをしていました。

そもそも、お月見は何故するんでしょうか。

それに、「中秋」と書かれている時と、「仲秋」と書かれている時があるけど、どっちが正解?

そこで、お月見に関する事をまとめてみました。

お月見の由来

古来からあるお月見の風習。

現代では、ススキとお団子をお供えするという形しか残っていないですよね。

忙しい時なんかは、夜空を見上げる事さえしない事も。

実は、お月見は平安時代頃に中国から伝来したと言われている位、ものすごく古い風習なんですよ。

中国では、陰暦で7月の初秋,8月の仲秋,9月の晩秋に満月を愛でる習慣があり、その習わしが日本に伝わりました。

そして、その風習は、雅を愛する日本人の感性にマッチし、貴族の間で定着して行きました。

庶民に広まったのは、江戸時代。

丁度農作物の収穫期に当たる事から、お月様に収穫の感謝と豊作を願う行事として今に至ります。

「中秋」と「仲秋」の違い

どちらも見かけますよね。

どちらが正解なのかよく分からないので、それぞれの言葉の意味を調べてみました。

「中秋」は、秋のちょうど真ん中の日を指します。

なので、「中秋」=旧暦の8月15日になるんです。

対して、「仲秋」は旧暦で8月を指す言葉になります。

昔は、春(1~3月),夏(4~6月),秋(7~9月),冬(10~12月)それぞれの季節の真ん中の月に「仲」を付けて呼ぶ習慣があったそうです。

同じ「ちゅうしゅう」でも、指している日付は違っていたんですね。

現在の暦でいう、9月中の月を指すなら「仲秋」の名月でも間違いはないのですが、お月見の日そのものを指すのであれば、「中秋」の名月が正解になります。

お団子をお供えする意味

月見団子と言えば、三方に乗った、ピラミッド状のお団子を思い浮かべませんか?

実は、お団子の数にも意味があるんですよ。

例えば、昔は、普通の年は12個。閏年だけ13個。

また、13夜には13個,15夜には15個などと言われています。

13個の時は、1段目を9個,2段目に4個。

15個の時は、1段目に9個,2段目に4個,3段目に2個、並べます。

豊作祈願,収穫感謝をお月様にお願いするのに、満月に見立てて丸く作られたお団子。
これを食べると、健やかに幸せに過ごせると考えられています。

三方は、神様や仏様にお供えする食べ物を使う物ですが、無いならお皿の上に半紙をひいてお供えして下さいね。

我が家では、夫が甘い物を食べないので、15個も買うと余って大変な事になります。

そこで、お月見にちなんだ和菓子を人数分買ってお供えしたりもします。

もしかしたら、こうやって簡易的に行っていると、何十年,何百年後かには、お供えする物が変わっているかもしれませんね。

食べるタイミングは、月を愛でながら美味しくいただくのが好ましいそうです。

中秋の名月は、1年の内で一番月が綺麗な時。

たまには、家族揃って、縁側やベランダで月を見ながらのんびりお団子を頂くのもいいですね。

ススキの意味

稲穂は、ススキに似てませんか?

ススキは稲穂の代わりとして、飾られています。

これから収穫に入るお米の豊作を願い、飾られているんです。

また、邪気を払うといった意味合いもあるんです。

また、地域によっては秋の七草を飾るところもあるそうです。

秋の七草は、萩,桔梗,葛,撫子,ススキ,おみなえし,ふじばかま。

ススキを飾るだけよりも、控えめな華やかさがお供えに映えますよ。

中国のお月見

中国から伝来したと言われているお月見。

中国では、お団子ではなく月餅を食べる習慣があるそうです。

月餅と言われて思いつくのは、餡子とナッツが入ったあのお菓子ですよね。

でも、中国でのお月見にお供えする物は、餡子ではなく茹でて塩漬けされたあひるのたまごだそうです。

半分に切ると、断面が月の様に見えるそうです。

横浜中華街では、その時期にしか食べられない月餅が各お店で出されていますよ。

餡の中に卵黄の塩漬けを入れたものや、大きな月餅など。

たまには、中華街で中国のお月見文化に触れてみるのも楽しいですよ。

お酒が好きな人は月見酒を!

平安時代の貴族達は、実は直接月を見上げるのではなく、盃に月を浮かべてそれを飲み干すなど、風流な楽しみ方をしていたそうです。

その外にも、池に船を浮かべて、水面に映る月を楽しんだり、ナスやキュウリに穴を開け、その穴から覗くなどといった楽しみ方もあったそうです。

月と日本酒という組み合わせは、とても風情がありますよね。

今年はしっぽり一人で,夫婦で月見酒っていうのも素敵ですね。

まとめ

日本人は古来から月を信仰し、愛してきました。

特に、秋は月がきれいな季節。

俳句でも、月が入っている季語は、秋が一番多いんですよ。

私が好きな逸話に、夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね。」と訳したという物があります。

月には、人をロマンティックにさせる物があるんでしょうね。

2018年の中秋の名月は9月24日。

農家ではないと、豊作や収穫などと言ってもピンと来ないと思いますが、農家の方が丹精込めて作ってくれたからこそ、美味しい物が食べられるんですよね。
今年は、農家の方に感謝をしつつ、月を見上げてみてはどうでしょうか。

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする