子どもが「いじめられた」と言ってきた場合の親の対処方法

小学校に入ると人間関係もより複雑になり、お友達とのトラブルが起こる頻度が上がります。

子どものケンカには干渉しないという方針のご家庭もあるかと思いますが、もし我が子が

「いじめられた」

と言ってきた場合にはどうしますか?

小学校低学年のうちには自分の気持ちをうまく伝えられず、親が要領を得ない場合もあるでしょう。

それでも、最優先すべきは我が子の命です。

最初の対応を間違ってしまうと最悪の結果を招くこともあります。

親としていじめがエスカレートする前に何ができるか考えてみましょう。

子どもの心の居場所を確保する

「本当にいじめられているの?」

「いじめるほうが悪い!」

…親だって人間です。

我が子にいじめを告白されたら、認めたくない気持ちや加害者側への怒りが生じるのが普通ではないでしょうか。

でも、ここで自分の気持ちを子どもにぶつけるのはちょっと待ってください。

子どもはきっとそうとうな勇気を出して自分がいじめられたことを話してくれたはず。

まずはその気持ちを受け止めましょう。

「いじめられるなんて恥ずかしい」

「自分にも悪いところがあったのかも」

などと子どもは小さいなりにいろんなことを考え、悩んでいます。

それでも、

「きっとこの人なら助けを求められる」

と信じて話してくれたのです。

話の真偽はともかく、まずは子どもがヘルプの声をあげられたことを褒めて

「話してくれてありがとう」

と伝えてください。

どんな自分であってもまるごと肯定される、この経験がこどもにとっての心の居場所につながります。

家庭以外の場所で辛いことがあっても耐えられる力になります。

1回限り?陰湿なもの?冷静に事実確認を

さて、次に大切なのはいじめの事実確認です。

1回限りで終わったことなのか、もし続くならどんなときに起こるのか、子どもにとっては思い出すのも辛いことですができるだけ記録しておきましょう。

日にち、誰に、何をされたのか、証拠があれば写真などにおさめるなど客観的な資料を揃えていきます。

これは学校側や相手の親と交渉する際に役に立ちます。

ただし、暴力をふるわれたり、ものがなくなったりと緊急性が高い場合にはその都度学校側に報告しましょう。

相談の窓口はどこ?

子どもだけでの解決が難しい場合、まずは誰に訴えたらよいのでしょうか?

間違っても相手の親に直談判することは避けましょう。

加害者側でも被害者側でも自分の子どもを信じたい気持ちはお互い様です。

まずは中立に対応してくれるであろう担任に相談してください。

1番子どもたちに身近な存在なので、親身に相談になってくれる可能性が高いです。

しかし、残念ながら我がクラスにいじめなどないと最初から取り合ってくれないこともあるのです。

そんなときには

教頭 → 校長 → 教育委員会

と順序だてて根気強く相談してみてください。

ただし、感情的にはならずにあくまで事実確認をしたい旨を主訴にします。

被害者感情を前面に押し出してしまうと、モンスターペアレント扱いされこちらの意図がうまく伝わらない場合があるからです。

あくまで冷静に、がポイントです。

スクールカウンセラーに相談するのも手

学校の相談室にスクールカウンセラーが配置されることが増えてきました。

悩んでいる子どものケアをするのがスクールカウンセラーの仕事ですが、その親も対象としています。

親子一緒に面接をすることもできますし、子だけ、親だけでも可能です。

教師の立場と違って直接的解決につながらないと思われるかもしれませんが、視野を広げたり自分の心を整理したりするのに有効です。

親の精神状態は子どもに大きな影響を与えます。

困ったことがあれば相談する場が複数あるということを子どもに示す意味でもスクールカウンセラーの活用は有用です。

最後に

我が子にいじめを告白されると、親も動揺してしまいますよね。

でも、そんなときこそ冷静に!

自分に相談してくれたことを誇りに思って対処していきたいものです。

まずは子どもの話にゆっくり耳を傾け、居場所を確保することが最優先。

その後は腰を据えて取り組むつもりで学校や相談機関と連携し解決への糸口をつかみましょう。

大丈夫、子どもにとっての1番の味方となってあげられるのがお父さんお母さんです。

今は無理でも、1年後5年後に意味のある経験だったと思えるよう、子どもと一緒に乗り越えましょう。

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする