海遊びがもっと楽しくなる、おすすめ子供向け海遊びグッズ9選

夏になると行きたくなる海。

でも、ただ泳ぐだけじゃ子供たちも飽きちゃいますよね。

そこで、持っていくともっと楽しく遊べちゃう海遊びグッズを紹介します!

子供向けおすすめ海遊びグッズ9選

①浮き輪

定番だけど、大人から子供までこれ1つで海に入るのが断然楽しくなります!

波が来ても浮いていられるので、海が苦手な子供も安心して遊んでくれるのではないでしょうか。

未就学児のお子さんには、浮き輪が抜けてしまわないように、座面がついている足入れタイプが安心ですよ。

また同じ浮くタイプでも、ライフフロード型だとまた違った楽しみがあります。

例えば、イルカやワニ等の様な、またがって乗るタイプの形です。

1人で乗るのもいいですが、2,3人で乗れる大きさだと更に面白いですよ。

ただし、子供1人で遊ばせておくと、気付かない間に沖に流されてしまう事もあるので、目を離さない様にしてくださいね。

②ウォーターホイール

海の上を転がりたくないですか?

ウォーターホイールなら、ゴロゴロ歩けちゃうんです。

波に翻弄されながら、自分が動く方向に進んでいけるなんて、今までの海遊びとは違った楽しさがあるのではないでしょうか。

夢中になり過ぎて波にさらわれないよう、気を付けて下さいね。

③水鉄砲

高圧の水鉄砲は、海で遊ぶのにピッタリ!

最近は、タンクを背中に背負えるのもあるんです。

1台だけだとつまらないので、人数分用意してみんなで撃ち合うと盛り上がりますよ。

ただし、他の人に迷惑がかからないよう、周囲に目を配って遊んで下さいね。

④ボール

ビーチボールでもいいんですが、風が強いと飛ばされちゃって思うように楽しめない事も。

そんな時には、サッカーボールやバレーボールなんかがいいですよ。

風に飛ばされる心配もなく、大人数で楽しめちゃいます。

また、キャッチボール出来る位のゴムボールなら、海に入って投げ合っても楽しいですよ。

ただ、最近の海水浴場はビーチバレー禁止なんてところもあるので、事前にボール遊びが可能な所なのか確認してくださいね。

⑤フリスビー

ボール遊びもいいですが、せっかくなら海辺の風を利用してフリスビーはどうでしょう。

キャッチボールが苦手な人でも、フリスビーなら怖くないって事も。

当たっても痛くない素材の物もあるので、小さなお子さんがいても家族みんなで遊ぶ事が出来ますよ。

⑥砂場道具

海で遊ぶのに飽きちゃった子供にマストなのが、砂場道具。

子供にとって、壮大な浜辺は魅力的。

普段の狭い砂場とは大違いだし、せっかく作った山を波にさらわれるなんて体験も海ならでわ。

素手でもいいですが、バケツ,スコップ,熊手位はあると便利。

ちなみに、息子は100均で買った砂場用のダンプカーを普段愛用しています。

普段から遊んでいる物を持って行ってあげると、海での遊びもより楽しんでもらえると思います。

⑦シュノーケリング用のマスク,フィン,足ヒレ

透明感のあるきれいな海に行くのなら、シュノーケリングは気軽に楽しめる海中散策。

小さな子供も、浅瀬なら一緒に楽しめます。

更に、虫取り網,虫取りかごがあれば、浅瀬にいる小魚もとれちゃいます。

また、水中カメラがあれば、潜った時に家族写真を撮る事も。

普段とは違う姿に、家族での良い思い出になりますね。

⑧野球の木製バッド

海辺の定番って言えばスイカ割り!

大人も子供も盛り上がりますし、割った後はみんなで美味しく食べられるのも人気のポイント。

野球のバッドはそんな時に便利。

定番の、立てたバッドに頭をあてて10回回るなんて事もしやすいです。

また、スイカは冷えてる方が美味しいので、スイカを冷やす用のクーラーボックスも準備しておくといいですよ。

⑨花火

泊りで海に遊びに行った時には、花火は必須です!

庭や公園では出来ない、ロケット花火や打ち上げ花火もここぞとばかりに用意していくといいでしょう。

真っ暗な海に向かって打ちあがる花火は、幻想的で素敵ですよ。

ただし、遊んだ後は後片付けもしっかりと!

まとめ

どうせ遊びに行くなら、とことん楽しく遊びたいですよね。

紹介したグッズで気に入っていただけた物はありましたか?

今年の夏は、海遊びグッズを持って例年以上に楽しい時間を過ごして下さいね。

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする