子供のプールデビューはいつから?目安になる時期とプールデビューで気を付けたいこと

暑くなってくると、子供を水遊びさせたくなりますよね。

でも、赤ちゃんのうちは心配事が沢山あって、敷居が高くないですか?

私が子供を水遊びデビューさせたのは、1歳過ぎてからでした。

自分で立てる様になるまでは、色々心配だったので。

公園の噴水で遊ばせたり、自宅でビニールプールを用意したりするのは、水の事故さえ気を付ければ何んとなかるけど、じゃあ公共のプールは何歳からオッケーなのでしょうか。

ビニールプールの場合と、公共施設の場合それぞれ調べてみました。

ビニールプールの場合

家庭で手軽に遊べるのがビニールプールの魅力。

でも、あまりに小さいうちだと雑菌などが怖いし、炎天下の中入れるのも不安ですよね。

調べたところ、ビニールプールのメーカー推奨対象年齢は、プールの大きさによって変わってきますが、1歳や3歳からと書かれているか、そもそも年齢を明記してない物もあったりと、様々でした。

もちろん、乳児からと書かれている物もあったのですが、乳児っていう書き方が曖昧で悩んじゃいますよね。

私の経験上、生後7,8ケ月の腰が据わってからなら充分入れられると思います。

腰が据われば自分で座っていられるので、手を放して座らせても安心です。

ただし、子供は水深が浅い所でも溺れてしまう可能性があるので、絶対に目だけは離さないで下さい!!

ほんの少しその場を離れている間に、水の中にうつぶせになってたなんていう事故もあるんです。

7,8ケ月位になると子供も体力がついてくるので、炎天下の中でもだいぶ遊べるようになります。

出来れば、直射日光が当たらないように屋根のある所で遊ぶか、ビニールプールに屋根がついているタイプだと安心。

屋根がなくても、帽子をかぶせるだけでだいぶ違いますよ。

あと、水温も大事!

張ったばかりの水だと、大人でも冷たいですよね。

遊ぶ2時間前には入れておいて、太陽の熱で少し温めておいて下さいね。

また、家で遊ばせるうえで注意したいのが、虫。特に蜂!

何故か、遊んでる時に限ってどこからともなく飛んで来たりするんですよね。

基本的に、蜂はこちらが騒がなければ刺さないので、飛んで来たら、怖いでしょうがそうっと逃げて下さい。

我が家では、私の虫嫌いとめんどくさがりの結果、お風呂の残り湯で遊ばせるっていう方法に行きつきました。

親の手抜きで遊んでくれるのはいつまでだろうと思いつつ、楽しんでいる様子を微笑ましく見ています。

公共のプールの場合

家で遊ぶのとは違って、難しいのがこちら。

スイミングスクールだと、生後6ケ月から受け入れてくれていますよね。

でも、それはスイミングスクール側が水温,室温,衛生面での管理をしっかりしていてくれるから可能なんです。

子供は大人と違って免疫力が弱いので、特に衛生面は大事

プール熱って聞いたことありませんか?

アデノウイルスという菌が体内に入って、それで熱が出てしまうんです。

原因は、感染者の体液や便。

不特定多数の人が入っているプールが怖いのは、どんな雑菌が水中にあるかが分からない事なんです。

でも、公共のプールはスイミングスクールに比べて、そこまで徹底して管理はしてくれません。※もちろんしっかり管理しているところもあると思いますが。。。

子供の免疫力が弱いうちは、止めておいた方が無難ですよ。

じゃ、何歳からだったらいいの?

公共のプールには、赤ちゃん用のプールがある所もありますよね。

水深が浅く作られているので、ビニールプール同様腰が据われば入れそうって思ってしまうかもしれません。

でも、水遊び用のオムツで入るのを禁止しているプールって多いんです。

実は、水遊び用のオムツはおしっこを取ってくれる効果はなく、うんちのみをキャッチしてくれるだけなんです。

小さい子は、ただでさえおしっこの回数が多い事を思うと、一緒に入ってる人は不快に思うんじゃないでしょうか。

他人の迷惑を考えると、オムツが外れるまではやめておいた方がいいと思います。

って事で、オムツが外れる2,3歳位が目安です。

また、赤ちゃん用のプールは水深が浅いので一見安全に思えますが、意外と子供が走り回っていたりして、ぶつかったりする可能性があるんです。

なので、やはり自分の意志で自由に動き回れる年齢になってからの方が安心ですよ。

まとめ

プールデビューは何歳から?

  • ビニールプールの場合・・・腰が据わる7,8カ月から
  • 公共のプールの場合・・・オムツが外れる2,3歳から

プールで遊んでいると、楽しくてつい時間を忘れがちですが、水遊びって思った以上に体力を使うんです。

なので、こまめな水分補給と、長時間遊ばせ過ぎない様に気を付けて下さい。

太陽が眩しい季節になってきましたね。 お子さんと公園に出かけたり、趣味のスポーツを楽しんだり、身体を動かすことが多くなってきた...

また、日差しが強いので、日焼け止めは忘れずに。

外出の機会が増えると気になるのが紫外線。 少し油断すると、あっという間に赤くなったり、黒くなってしまうもの。 そのまま放...
寒い冬も終わり暖かくなってくると気になるのが紫外線。 特に、春の紫外線は真夏のそれと同じ位に強力で肌に大きなダメージを与えてし...
朝から強い日差しと紫外線。 毎朝、塗り直しがないように必死に日焼け止めを塗っているが、ある日、気づいたら少ししか残っておらず、...

楽しいプールデビューが出来る様、準備を万全にして思い切り楽しんでくださいね。

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする