幼稚園に行きたがらない時どうする?子供の気持ちに寄り添う方法


毎朝幼稚園に行きたくないと泣き叫んだり、隠れたりする我が子。

朝の忙しい時間にそんなことをされてイライラしてしまったり、時には怒ってしまったりするママ。こんな光景を良く見かけます。

私の場合もそうでした。しかし、イライラしたり怒ったりする行動は絶対にやってはいけないことなのです。

では、幼稚園に行きたがらずに泣いて拒否する子供にどう向き合うべきか、子供の気持ちにしっかり寄り添って安心させる方法をご紹介します。

行きたがらない理由は?

ママが好きだから、幼稚園に馴染めないからなど色々な理由があるかと思いますが、園児が行きたがらない理由として大きく考えられるのは以下の点です。

ママやお家が好きだから(離れたくないから)

これはよく入園式直後に考えられる原因ですね。

生まれてからこれまでずっとママと一緒だったのに、急に「はい、これからはママと離れて幼稚園で過ごしますよ!」と言われても無理ですよね。

大人でも職場に初出勤となるととても緊張する物です。

それが今まで大好きなママとお家で過ごしてきた幼児に急に慣れろという方が難しいのです。

先生と合わないから

人間同士です。

やはり先生と相性が良くない場合もあります。

褒めて伸びる子もいれば、厳しく指導されて伸びる子もいます。

それを理解していない先生が担任だと子供もやはり園での生活が苦痛に感じでしまうのでしょう。

お友達に嫌な事をされた(言われた)から

園での生活にもだいぶ慣れた頃に起こりやすい原因の1つです。

子供達も慣れてきて一緒に遊ぶようになりますが、まだ幼児ですので悪気はないけど嫌な事を言ってしまったり、叩いたりしてしまったりすることもあります。

しかし、された子供はやはりとても嫌な気持ちになってしまい登園したくないと思ってしまいますね。

休みの日の翌日

私達で言う「サザエさん症候群」みたいなものでしょう。

サザエさんが始まると「明日も会社かぁ」と酷くテンションが下がるものですが、やはり子供も同じです。

特に長期休暇中などは園生活のような集団行動を強いられず、比較的自由に過ごす事が出来ます。

大好きな家族とお出かけすることもあるでしょう。

そんな休日も終わり、また朝早く起きて慌ただしく準備して幼稚園に行かなくちゃと思うと子供だって嫌になるのでしょう。

幼稚園を行きたがらない子への対処法

子供が泣いてもどんと構えて

朝から子供が幼稚園に行きたがらなくて泣き叫んでいても、何をしてもママはどんと構えてください。

ここでイライラして怒ったりするのはNGです。

登園日の度にママがイライラしたり、怒られたりすると益々登園するのが嫌になってしまうかもしれません。

泣き叫んでも淡々としていてください。

とにかく行ってもらう

行きたくないと泣きながら拒否する我が子を見ていると、ママも心が痛んでしまう事があるでしょう。

「いっそのこと今日は休ませようか。」なんて絶対NGです。

泣けば大好きなママと一緒にお家に居られると思ってしまいもっと酷くなる場合があります。

笑顔で見送る

どんなに泣こうが喚こうがママは笑顔で「いってらっしゃい。」と見送ってあげましょう。

降園時間が分かっているなら「○○時にお迎えにくるからね。」などと具体的な時間などを伝えてあげると子供も安心するでしょう。

どうして行きたくないのか聞かない

聞きたくなる気持ちはよくわかるのですが、なぜ登園したがらないのかという理由を本人に聞くのはやめましょう。

聞いたところでなかなか話してはくれないと思います。

幼稚園の話は本人が自分からするまで黙っていることです。

帰ってきたら抱きしめる

幼稚園という集団生活ではやはりストレスも多いでしょう。

そんな中、我慢して頑張って帰ってきた子供には「今日も1日よく頑張ったね!」という声を掛け、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。

先生や園とは連絡帳などでこまめに様子を聞く

登園を嫌がっている事を先生に伝えた上で、連絡帳などを使ってこまめに毎日の様子を聞いてみてください。

その日の出来事や子供の様子を聞いてみるとなぜ登園を嫌がるのかという原因に辿り着くことができるかもしれません。

また、先生と一緒に最適な対処法なども考えることができるでしょう。

注意すべき点

体調が悪くないかチェックする

あまりにも酷くぐずる場合は体調が悪くないか注意してみてください。

年少さんともなるとまだあまり上手く言葉で自分の状況を表現することが難しい子もいます。

酷い場合はその日は様子を見る為に休ませてみてください。

息子の場合

私の息子は実年齢より、心が1~2歳幼いような子でした。

ただ、別に知能に遅れはないため、見た目では全く普通の子と変わりません。

しかし、その精神年齢の低さから、新しい環境や人に順応するのが極度に苦手でパニックを起こしてしまいます。

そのため、登園日は毎朝が戦争でした。

私は毎朝怒鳴りながら準備をさせ、泣いて暴れる息子を力づくで引きずるようにバスに乗せていました。

そんな息子も年長さんになった今は自ら進んでバスに乗り込み、手も振らずに行ってしまいます。

要は慣れなのです。

登園拒否をする子のママは毎日本当に憂鬱で大変だと思いますが、あまり悩まないでください。

ひたすらにこにこして送り出し、そしてそのまま迎えてあげましょう。

「そういえば、毎朝泣いて暴れてたっけ」なんて懐かしく感じる日は必ずやってきますから。

まとめ

泣いて幼稚園に行きたがらないのには必ず理由があります。

無理矢理理由を聞こうとしたり、イライラ怒鳴り散らして子供を幼稚園に送る事は絶対にやめてくださいね。

私たちが子供の笑顔に救われるように、きっと子供達もママの笑顔に救われ、安心するはずです。

頭ごなしに責めないで、子供の気持ちにしっかり寄り添って心を落ち着かせてにこやかに対応することが大切です。

にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする